カテゴリ:essen & trinken( 3 )

ドイツのポテトスープ

f0030774_1144157.jpg

ドイツのポテトスープは、とてもシンプル。
じゃがいもをそのまま食べているかのようなストレートさが素朴で、なぜかなつかしい味。
作りおきができ、栄養価が高く、おなかが膨れ、体がすぐにあたたまる。

今回は番外編として、これからの季節にぴったりの、北国ドイツのポテトスープの作り方を紹介します。ポテトスープは、ドイツのカフェなら定番メニュー。値段も安く、軽い昼食にぴったりです。

まずはじめに、日本でもそうですが、ドイツでもスープ用のじゃがいもを選ぶことが、なにより大切。

ドイツには数十種のじゃがいもがありますが、大切なのは二つの品種名。どちらかが、かならず各じゃがいものブランド名の下に明記されています。これは以下のように、料理別にふさわしいじゃがいものタイプが選べるようになっているもの。これさえ確認できれば、どのじゃがいもで作っても、大丈夫。一口食べただけで、産地やブランド名まで当ててしまうとされる、ワインならぬ、じゃがいものソムリエらしき人がドイツにはいるらしいのですが、そういう人でない限りは、最寄のスーパーでまずはじめに見かけた以下の明記のあるじゃがいもを選べば、全く味に支障はありません!

Mehlig(メーリッヒ): 水分が少なく、すぐにとけます → スープやピュレーに。
Festkochend(フェストコッヘンド): 煮くずれしません → 煮込み料理やポテトサラダに。

●ドイツ風のポテトサラダには、ポテトの形が残るFestkochendをつかいますが、日本風のなめらなかポテトサラダにはMehligがあいます。しかしドイツでも個人の好みで変わるようです。
●この二つの違いは、日本で言えば、料理によってメークイン(カレー用)と男爵(ポテトサラダ用)を使い分けるのと同じです(もしかしたら現在は呼び名が変わっているかもしれませんが)。

~ ドイツのポテトスープ ~

<レシピ>

500g じゃがいも (小さなキューブ・さいの目に切る)
スープ野菜:にんじん1~2本、長ネギ、セロリの根など(だし用にざく切り、またはみじん切り)
たまねぎ一個 (みじん切りに)
100g ベーコン (みじん切りに)
125ml 生クリーム (牛乳にすればあっさり)
パセリ適量 (みじん切り)
1500ml コンソメスープ (普段の食卓ならインスタントで十分)
ローリエ(月桂樹の葉)一枚

<つくり方>

1.たまねぎペーコンをフライパンでじっくり炒め、じゃがいもとスープ野菜も一緒に軽く炒める。

2.大きなおなべにコンソメスープをいれて火にかけ、1と、月桂樹の葉を加える。

3.ふたをして、30分~小一時間コトコト。

4.生クリーム、塩を加え味加減を調整する。

5.お皿に移し、パセリのみじん切りをおとして出来上がり。

<お料理のヒント>

★田舎風のライ麦パンを付け合せにすれば、さらにドイツ風に召し上がれます。

★ちょっとボリュームをアップ、あるいはアクセントをつけたい場合は、細長いソーセージを細かく輪切りにして加えると、とってもおいしいお肉のスープになります。これは、一度覚えるとやみつきになる味、ぜひおためしあれ。

★さらに、手を加えずにおいしく食べる方法は、食器を選ぶこと。浅いスープ皿ではなく、カフェオレボールを大きくしたような深いスープの器を使うと、すぐに冷めず、最後まであたたかくいただけます。これだけのことで、実はぐんと味が変わってきます。

Guten Appetit!

さて、「気まま・カフェ」よりお知らせです。
都合により、11月の頭まで臨時休業させていただきます。
このごろはお客様がふえて、うれしいなあと思っていたのでとても残念なのですが、
またぜひ遊びに来てくださいませ。

さて、このたび紹介したこのドイツのポテトスープですが、簡単なだけに「自分の味」がしっかりでます。ぜひ、何度かチャレンジしていただいて、肌寒い季節をあったかくお過ごしください。

では、ごきげんよう。
[PR]
by sommergarten | 2007-10-11 12:58 | essen & trinken

Zwei Eier im Glas

f0030774_426435.jpg

贅を尽くしたものは、お金さえあればいくらでも手に入るご時世、ましてや上を見ればきりがない。街のウィンドーにはどこもかしこもセールの文字が踊っているこの時期だが、今年もこれらに縁はなく時間がゆっくり過ぎていく。

カフェのドアを一つ隔てれば、そこは物欲の喧騒から離れた開放的な空気が支配する空間だ。そしてほっと息をつく。本当に欲しいものは何、と自分に問いかけながら。

給料日前日でも給料日でも安心して、そして心豊かに注文できるお気に入りがこれ。半熟卵がグラスに2つ、文字通りの「Zwei Eier im Glas」。多くのカフェで朝食メニューの一つとして定番になっているものだ。

まず第一に食べやすい。殻は取れているし、いい具合に半熟なので、グラスの中でつぶして食べてもよし、スプーンでパンに乗せて食べてもよし。パンがついて、たいてい2.5ユーロから3ユーロくらい(約400円)。とても質素な食べ物だが、卵の単価を考えるとグラスに入れて運んでもらうだけで大層な値段ともいえる。しかし、なにより透明のグラスに入った二つの白い丸はなぜか滑稽でかわいく、いつも笑みを誘うのだ。

贅沢の基準は金額にあるのではなく、どれほど自分の心が豊かに感じられるかだと思う。
[PR]
by sommergarten | 2007-01-23 07:50 | essen & trinken

Latte macchiato

f0030774_180149.jpg

ドイツのラッテマッキアートの特徴は、グラスとその大きさにあり。
したがって若干ぬるめ。そうでなければ重いうえに熱くてグラスがつかめない。
長いスプーンで混ぜながら、泡をすくいながら、話しながら、読みながら、腰をすえてむきあうのに最適なカフェの友。

このグラスは普通の大きなグラスよりさらに大きめ。
目分量では500mlはくだらないと見たが、ケルナリンに聞いてみると、うーんとうなって「400mlくらいじゃないかな」。

チャレンジを挑んできているようなその雄大な姿に、思わず文庫本に印をつけて身体測定。結果は間口の直径が9センチ、高さ16センチ。しかし円柱の体積の計算方法がわからない。真相は闇だが、ともかく大きなグラスになみなみと注がれてくることにかわりなし。ドイツのカフェの代表格。
[PR]
by sommergarten | 2007-01-21 18:27 | essen & trinken