<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ほっと、ひと息。

f0030774_117599.jpg

ベルリンに春が来た。
気持ちの上でも、少々厳しい冬が終わり、ようやく春が来た。
ひさしぶりに平日に休みをとって、昼間は部屋の模様替えの下準備に夫とIKEAに。
結局歩き回ってあれこれみた挙句、IKEAファミリーカードで無料のカフェを前にしばし話し合い、
ただでさえ少ない家具の一つを捨てることになった。
そして、模様替えは今あるもので大々的に行うことにした。
今すぐどうしても、というわけでもないかと、必要な引き出し一つは中古のものでもいいものがあったら改めて買うことに。
ドイツに暮らして初めて知った、物を捨てることの喜び、限られたものでの生活の楽しさ。
引越しのたびに荷物が少なくなり、模様替えのたびに物が減り、それでもまだまだ多すぎるが、
物が少なくなるたびに、体が軽く、心も軽くなり、結果、かなりのストレス解消になっている。

夕方には娘の通う補習校に顔を出し、待っている間にカフェに立ち寄りひと息。
そのあと娘をピックアップして、家族で知り合いの展覧会にでかけた。
ワインを多少飲み、ひとことふたこと言葉を交わすともう20時。
電車を乗り継いで小一時間かけて家に帰り、簡単なスープスパゲッティーを作って、10分で食べて一日がおしまい。
久しぶりに贅沢な一日。
f0030774_1195496.jpg

[PR]
by sommergarten | 2008-02-11 01:47 | Daily life

Cafezeit

f0030774_3413551.jpg

不思議な体験をした。

絵画に対する苦手意識を克服しようと作戦を練って、絵を観にいく旅にでかけた。多少の予習をし、ある日の数時間集中して観てまわり、それからの2、3日は夜になるとその絵を勉強した。とはいえ、もともとの素養もなし、付け焼刃の知識ではあったのだ。どこかの場所や、たとえばある人のことであれば、そのようなこと、つまり、それくらい短期集中して深く見聞きしたり考えることなどは過去にあったが、絵画、それも古典絵画の傑作の数々がその対象であったのは初めてだった。そのせいでこともあろうに私は3日ほどよく眠れず、うなされてしまった。ある日の夢では、ルーベンスの宗教画の中に入って、最後の審判を受けて天高く上っていったり、また別の朝方は500年も前の肖像画の巨匠に見つめられて動けなくなってしまった。

絵や絵の背景に関して聞きかじるにつれて、絵があらわしている画家の人生と絵の、切っても切り離せない関係性が見えてきて、胸が詰まってくる(これを感動と呼ぶのかもしれないが)と同時に、歴史的傑作といわれる絵画にはそれだけ人の魂がこもっているということを実感した。それは、人ごみの中で人あたりをおこしたりするのとまったく同じで、私はすっかり飽和状態で「絵あたり」をおこしてしまっていた。絵画鑑賞などいままでした事がなく、免疫がまったくなかったということもあるだろう。

しかし、まもなく不意に絵から離れることとなってすぐに精神の安定は取り戻せた。生きているもの以外から、言ってしまえばただのキャンバスと絵の具という物質から、こんなエネルギーがでていて、これだけ人を消耗させ得るという事実を実体験を通して初めて知った。

ここ数ヶ月は気分的に落ち着かず、カフェといってもたいていは無味乾燥な、つまりスターバックスのようなカフェにしか足が向かなかったのだが、久しぶりに本来のカフェにという気分になりふらりと入ったのがここ。初めての店で、何とはなしに見まわして、なんとなく圧迫感を感じて背後に目をやると、なんと先日「お勉強」したばかりの絵画、ルーカスクラナッハのアダムとエヴァのレプリカが掛かっているではないか。シンクロニシティーは昔からよくある体質なのだが、このような偶然にはいまだに慣れない。ただ呆然として、あらためて絵画の力に恐れ入ったという次第。

アダムとエヴァが食べた禁断の果実。それは知恵の実。裸であることが恥ずかしいということを知り、無花果(いちじく)の葉をまとうようになる。しかし罪なき無垢よりも、罪ある愚者のほうがずっと面白いし、楽しいし、深みがあると思う。裸よりも、いちじくの葉の姿のほうが素敵だ。人は、禁断の果実をたべずにはいられない生き物だし、食べたあとの罪を無様に背負ってでも、ひとつでも多くのことを知り、学ばずにはいられないものだと思う。それが、人が真に生きている証だと思う。
f0030774_341462.jpg

[PR]
by sommergarten | 2008-02-04 04:46 | cafe